ハチの退治は危険極まりない|安泰な対応ならスペシャリストを!

業者による対策方法

一軒家

鳩の糞は大量の病原菌が含まれています。直接触っても人間の体内に病原菌が侵入することはないのですが、糞が乾燥して空気中に舞うようになると、呼吸することで人間の肺に侵入してしまいます。侵入すると肺炎などの病気を引き起こしてしまい生活に支障をきたしてしまいます。鳩がベランダに侵入して住処にしてしまうと、高い確率で糞をします。鳩は同じ場所に糞をする習性があり放っておくと糞の山ができてしまいます。鳩を撃退するときは対策グッズを使用するといいのですが、やり方を間違えてしまうと効果を発揮できず逆に対策グッズを住処の一部として利用されてしまいます。特に防鳥ネットなどを張って侵入されてしまうと鳩にとっての外敵が侵入できない安全な住処となってしまいます。自分で対策グッズの効果的な設置場所ややり方がわからないときは、業者に依頼すると良いでしょう。業者なら鳩の被害の大きさなどに合わせて最適な方法で撃退してくれます。ほとんどの業者は防鳥ネットを使用して鳩の侵入を防ぎます。撃退した後は糞や羽などで汚れたベランダや敷地内をキレイに清掃してくれます。清掃は自分でもできますが肺に病原菌が入らないためにも、専用のマスクを着用した業者に任せたほうが安心できます。全ての鳩を撃退し作業が終わってベランダがキレイになったら料金を支払うことになるので、現金を準備しておく必要があります。業者によっては現金以外にもクレジットカードに対応している場合もあり、支払い方法の選択肢が増えています。